U-12

トリアネーロ町田が初出場で全国頂点に!四日裕歩のゴールで同点に追いつきジェフ千葉とのPK戦制す|JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会決勝(12/29)

2020年12月29日、JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、大会初出場のFCトリアネーロ町田が同じく初出場のジェフユナイテッド千葉U-12とのPK戦を制し、見事8329チームの頂点に立った。

先制したのはジェフ千葉だった。前半8分、押元耀也(45)のパスがゴール前でルーズになったところをキャプテンマークを巻く姫野誠(37)がうまくマイボールにして反転、キーパーと1対1になったところを左足で冷静に決めジェフ千葉が先制する。

一点を追うトリアネーロ町田は工藤敦士(7)四日裕歩(10)のコンビネーションでジェフ千葉ゴールに迫る。すると後半4分、工藤からのスルーパスを四日が冷静に決めトリアネーロ町田が同点に追いつく。逆転を狙うトリアネーロは後半終了間際に富田周平(11)のクロスからゴール前で四日が決定機を迎えるがこれはゴールキーパーに弾かれゴールならず。

1-1のまま延長前後半でも決着がつかず試合はPK戦に。1本外したジェフ千葉に対しFCトリアネーロは3人全員が成功。この結果、3-1でトリアネーロ町田がPK戦を制し、見事初出場で初の全国優勝を成し遂げた。試合後、同点ゴールを決めた四日は「初出場での優勝は本当に嬉しい、この代で優勝したいと思ってたので嬉しい。将来はプロサッカー選手になって海外で活躍したい。」と力強く語った。

 

◼︎決勝ラウンド
<決勝>
FCトリアネーロ町田 1 - 1(3PK1) ジェフ千葉

準決勝>
ガンバ大阪門真 0 - 3 FCトリアネーロ町田
横浜F・マリノス 0 Ex 1 ジェフ千葉

<準々決勝>
ガンバ大阪門真
3 - 1 福岡西FA
鹿島アントラーズ 1 - 2 FCトリアネーロ町田
横浜F・マリノス 2 - 1 ソレッソ熊本
バディーSC 2 - 2(3PK4) ジェフ千葉

<ラウンド16>
ガンバ大阪門真 3 - 1 ファナティコス
福岡西FA 4 - 2 翼SCレインボー垂井
鹿島アントラーズ 6 - 2 ファジアーノ岡山
FCトリアネーロ町田 4 - 0 江南南SS
横浜F・マリノス 5 - 0 大分トリニータ
ソレッソ熊本 0 - 0(7PK6) ベガルタ仙台
バディーSC 1 - 0 アリーバFC
ジェフ千葉 2 - 1 ヴィッセル神戸

都大会でのトリアネーロ町田・四日裕歩[写真]=Suzumari26

error: