U-15

【写真レポート】前回王者ガンバがマリノスに逆転勝利!今西、日笠がそれぞれ2ゴールの活躍(写真:69枚)

2020年12月13日、高円宮杯JFA第32回全日本U-15 サッカー選手権大会2回戦「ガンバ大阪ジュニアユース横浜F・マリノスジュニアユース」の一戦が大阪府J-GREEN堺で行われた。

関西第1代表のガンバ大阪と関東第7代表の横浜F・マリノスの試合は、前半6分、1回戦でも先制点を決めたFW濱田心太朗(12)が再び先制点を決め、マリノスが幸先良くスタートを切る。
早い時間帯での失点ではあったが、ガンバイレブンは浮き足立つことなく徐々に主導権を握っていく。
前半19分、FW日笠蓮康(13)からパスを受けたDF笹野大樹(4)が左サイドから上げたクロスのこぼれ球にFW今西佑(9)が右足で押し込み同点に追いつく。

勢いに乗るガンバに対し、防戦一方となったマリノスが耐える時間が続いた。
同点のままハーフタイムを迎え修正を図りたかったマリノスだったが前半終了間際、MF笹記佑太(10)からパスを受けたFW今西佑(9)が右足を振り抜き、この日の自身2点目となるゴールを決め前半のうちにガンバが逆転。

後半もガンバの勢いは止まらず、開始1分、ルーズボールを拾ったMF遠藤楓仁(7)からパスを受けたFW日笠蓮康(13)がシュートを決めさらにリードを広げる。
続く13分にもMF宮川大輝(6)がドリブルで持ち上がると最後はFW日笠蓮康(13)が追加点を決め一気にマリノスを突き放した。

3点ビハインドしたマリノスは怒涛の反撃を仕掛けていく。
後半30分、MF池田春汰(10)からFW濱田心太朗(12)にボールが渡ると、ドリブルでゴール前まで持ち込みそのまま決め2点差とする。
試合は終盤にかけてさらに点差を縮めたいマリノスの猛攻が続いた。
しかし必死の反撃もそこまで。

4得点を上げた前回王者のガンバ大阪ジュニアユースが大会連覇に向け準々決勝進出を決めた。

試合結果

高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会
2回戦
ガンバ大阪 4 - 2 横浜F・マリノス

得点
6' 濱田心太朗(12) 横浜FM
19' 今西佑(9) ガンバ大阪
40' 今西佑(9) ガンバ大阪
41' 日笠蓮康(13) ガンバ大阪
53' 日笠蓮康(13) ガンバ大阪
70' 濱田心太朗(12) 横浜FM

【スタメン】ガンバ大阪ジュニアユース

選手名(前所属)
背番号
張奥林(ガンバ大阪)
1 Cap.
笹野大樹(藤井寺市SSS)
4
山口遥太(ガンバ大阪)
5
菅澤凱(インターナショナルスクール千里)
12
松本健作(上牧まきのはSSS)
22
宮川大輝(油山カメリアFC)
6
遠藤楓仁(ガンバ大阪)
7
和泉圭保(なみはやFC)
8
笹記佑太(フォルテFC)
10
今西佑(ガンバ大阪)
9
日笠蓮康(J-FIELD津山SC)
13

【スタメン】横浜F・マリノスジュニアユース

選手名(前所属)
背番号
福井大次郎(横浜F・マリノスPr)
1
三橋拓真(バディーSC)
2
平田翔之介(横浜F・マリノスPr)
3
舩木大輔(横浜F・マリノスPr)
4 Cap.
埜口怜乃(あざみ野FC)
25
岡田生都(SCH FC)
6
白須健斗(バディーSC)
7
池田春汰(横浜F・マリノスPr)
10
吉沢実頼(KAZU SC)
24
山上大智(横浜F・マリノスPr)
9
濵田心太朗(向田SC)
12

[写真]=遠藤充彦

error: