U-15

【写真レポート】瀬谷とFUTUROは激闘の末ドロー決着!勝点差で瀬谷がリーグ1位通過を決める(写真:190枚)

2021年3月15日、Growth Cup Kanagawa U-15 2020の予選リーグGroupA「瀬谷インターナショナルフットボール(以下、瀬谷)対JFC FUTURO(以下、FUTURO)」の一戦がかもめパークで行われた。

立ち上がり流れを掴んだのは瀬谷。試合開始と同時に前線から組織的な守備を展開しFUTUROからボールを奪取する。すると前半3分、前線からの守備でボールがルーズになったところを小澤大樹(10)が拾い左サイドの加田隼士(15)に展開。加田が中央へ送り込んだボールを走り込んだ渡邉凌太(11)がゴール正面から決めて瀬谷が先制する。岡田夢月(9)は相手陣内からも武器のロングスローを披露し、多くのチャンスを演出。21分にはカウンターから岡田と木村飛祐(21)が相手守備陣と2対2となるビックチャンスを迎えたが、これは木村のシュートがバーを越えていきゴールとはならなかった。

一方FUTUROは、立ち上がりから瀬谷の前線からのプレスにボールロストするシーンが多く流れを掴みきれない。11分に栗栖海晴(5)のコーナーキックを菅谷怜(6)がヘディングで合わせるもこれはバーを越えていき、前半はゴールを奪うことが出来なかった。

しかし、選手交代で流れを掴む。後半17分に宮下拓弥(23)を途中投入するとこれが前線からのプレッシングの合図となった。山室裕人(11)も前線から積極的なプレスで徐々に流れを手繰り寄せる。22分には加藤凌真(88)がミドルレンジからシュートを放つと、その後立て続けにコーナーキックを奪うなどゴールの匂いが高まる。そして後半29分、宮下が左サイドをスピード感溢れるドリブルで突破すると、そのまま左足で瀬谷ゴールに叩き込みついに同点に追いつく。

試合前から気合の入る両チームはタイムアップのホイッスルが吹かれるまでファイトし続けた。しかし、得点はこのまま動かず1対1のドローでタイムアップ。これでGroupAの全日程が終了し、瀬谷が予選リーグ1位通過を決めた。

▼試合動画はこちらから
https://youtu.be/5Q9d9-A0GZw

▼Growth Cup Kanagawa U-15 2020 予選リーグ途中経過
http://2020-kanagawa.growth-cup.site/

試合結果

Growth Cup Kanagawa U-15 2020
GroupA
瀬谷インターナショナル 1 – 1 JFC FUTURO

得点
03' 渡邉凌太(11) 瀬谷インターナショナル
59' 宮川拓弥(23) FUTURO

【スタメン】JFC FUTURO

選手名(前所属)
背番号
栗栖海晴(白根SC)
5
菅谷怜(草柳SC)
6
久保田拓海(FC YSA)
9
山室裕人(FC MSN)
11
山野井颯海(横浜深園SC)
13
當間晴琉(日独FA)
31
郷颯斗(FCグラシア相模原)
41
上野大徳(綾瀬SS)
55
吉川然(深見SC)
77
加藤凌真(鶴ヶ峰SC)
88
川﨑歩(FCトリアネーロ町田)
99

【スタメン】瀬谷インターナショナル

選手名
背番号
中野翔馬
1
榎本真大
6
石田逢良
14
小田智輝
4
杉浦悠太
20
久保田然
16
岡田夢月
9
小澤大樹
10
加田隼士
15
渡邉凌太
11
木村飛祐
21

[写真]=isshy4346