U-15

【写真レポート】劇的な逆転勝利でAZFCエスペランサがFC厚木ジュニアユースMELLIZOを下し勝ち点3掴む!(写真:237枚)

2021年2月20日、Growth Cup Kanagawa U-15 2020が開幕した。本大会の記念すべき1試合目となったのは、予選リーグのGroupC「FC厚木ジュニアユースMELLIZO(以下、メリッソ)AZFCエスペランサ(以下、AZ)」の一戦。南足柄市体育センターグラウンドで行われた。

強風吹き荒れるなかAZのキックオフで試合開始。立ち上がりは中盤でのセカンドボールの奪い合いが激しく繰り広げられた。次第にMF古館善(35)を中心にAZがポゼッションを高めていくが、キャプテン岡田陽和(22)が率いるメリッソのディフェンダー陣が決定機を作らせない。すると、10分を過ぎたあたりからメリッソが高い位置でボールを奪うようになりAZゴールに迫る。16分、試合が動いた。AZのゴールキックのこぼれ球をDF飯綱恭也(15)がクリアするとFW大坪一輝(17)がヘディングで前線へ逸らす。これに反応したFW押見優作(11)がディフェンダーを一人かわし冷静にゴールへ流し込みメリッソが先制に成功する。

先制点が生まれ活性化してきた試合は、一進一退の攻防が続く。23分、AZが右サイドでコーナーキックを獲得すると、今井岳人(45)が送ったボールにキャプテン高橋寛介(34)が高い打点のヘディングで合わせるが、ミートしきれずメリッソゴールキーパー井上雄介(12)がキャッチ。その後も両者譲らない展開が続くがゴールネットが揺れることはなく前半を終えた。

後半開始早々、メリッソがチャンスを作った。寺田将吉(28)市野陽向(26)若松昊良(29)と繋ぎ左サイドを崩すと、折り返しのこぼれ球を走り込んでいた若松が狙い澄ましたシュートをゴール右に放つ。しかし、これはAZゴールキーパー皆川琉桜(31)がスーパーセーブで阻止。

後半立ち上がりこそゴールを脅かされたAZだったが、その後は主導権を握りメリッソゴールに迫る。しかし、メリッソもゴールキーパーの永井翼(1)を中心にゴールを死守する。そのまま時計の針は進み、メリッソの初戦白星が近づく。試合終了まで残り数分となった58分、再び試合が動く。

左サイドの深い位置から上がったクロスに今井岳人(45)がファーサイドで待ち受ける。右足インステップで鋭く折り返すとフリーで走り込んでいたAZキャプテン高橋寛介(34)がダイレクトで合わせ、ついにメリッソゴールをこじ開けた。土壇場での同点ゴールに勢いづいたAZイレブンはここからさらに怒涛の攻撃を仕掛けていく。そして、アディショナルタイムに突入して迎えた62分、ペナルティアーク付近の混戦から溢れたボールをMF湯川璃空(32)が右足を豪快に振り抜き逆転ゴールを突き刺した。

ほどなく試合終了のホイッスルが吹かれ、AZが劇的勝利で勝ち点3を掴み取った。

▼Growth Cup Kanagawa U-15 2020 特設サイト
http://2020-kanagawa.growth-cup.site/

試合結果

Growth Cup Kanagawa U-15 2020
GroupC
FC厚木メリッソ 1 – 2 AZFCエスペランサ

得点
16' 押見優作(11) メリッソ
58' 高橋寛介(34) AZ
60' 湯川璃空(32) AZ

【スタメン】FC厚木ジュニアユースMELLIZO

選手名(前所属)
背番号
井上雄介(BJ)
12
岩倉歩輝(クレセール)
6
山田怜聖(バリチェ)
7
飯綱恭也(林)
15
岡田陽和(成瀬)
22 Cap.
相田真拓(林)
14
鈴木創太(林)
24
押見優作(BJ)
11
杉山夏輝(BJ)
16
大坪一輝(鳶尾)
17
井萱暖(林)
18

【スタメン】AZFCエスペランサ

選手名(前所属)
背番号
皆川琉桜(AZSC)
31
湯川璃空(AZSC)
32
高橋寛介(AZSC)
34 Cap.
古館善(AZSC)
35
橋本一樹(秦野西FC)
37
小林慶大(FC山西)
39
渡辺健次郎(FC山西)
40
井川友翔(秦野本町SS)
41
今井岳人(秦野本町SS)
45
大森心海(FC山西)
48
宮崎響(友愛SC)
55

[写真]=@Y.Ito/@Ken Wakabayashi