U-18

【写真レポート】中田圭一郎の2ゴールなどで早稲田実業が修徳を敗り準々決勝進出!(写真:129枚)

2021年5月29日、令和3年度(2021年度)東京都高等学校総合体育大会(インターハイ)2次トーナメントの2回戦、「修徳高校早稲田実業高校」の一戦が行われた。

1次トーナメントからの3試合で14得点1失点の修徳、同3試合で12得点無失点の早稲田実業、さらにはU-18サッカーリーグ東京では同じT2所属の両者の一戦。プライドがぶつかり合う激戦が予想された。立ち上がりから修徳が主導権を握り何度かフィニッシュまで持ち込むも、ここまで無失点の早稲田実業GK木庭正太郎(1)が安定感あるセービングでゴールを守る。序盤こそ縦に急ぐが故にポゼッションを修徳に許していた早稲田実業だが、徐々に落ち着いたパス回しから修徳ゴールに迫っていく。

一進一退の攻防が続き前半終了が近づいてきたところで試合が動いた。前半37分、早稲田実業が左サイドでコーナーキックを獲得。キッカー金指功汰(5)がファーサイドに送ると関紀信(6)が頭で合わせ早稲田実業が先制に成功した。

早稲田実業が良い流れを作り前半を折り返すと、後半も攻撃の手を緩めない。後半14分には、中田圭一郎(11)が抜け出しゴールキーパーと一対一となる。冷静にゴール右へ流し込み早稲田実業がリードを広げた。さらに、後半20分にはペナルティエリア手前左から中田圭一郎(11)がドリブルで持ち上がる。ゴールエリア付近まで突き進むと一時は相手ディフェンダーに捕まるも、一瞬の隙をつき修徳ゴールに蹴り込みこの日2点目となるゴールをゲットした。

なんとか反撃の糸口を見出したい修徳は運動量を落とすことなく前線へボールを運ぶ。後半29分には左サイドでコーナーキックを獲得すると、田島慎之佑(10)からファーサイドに送られたボールに合わせて2度クロスバーを叩く。最後まで気持ちを切ることなく走り切った修徳だが、早稲田実業の堅守を打ち崩すことはできずタイムアップ。

良い時間帯の先制点から追加点を重ねた早稲田実業が修徳を敗り8強に名乗りをあげた。勝利した早稲田実業は次戦、先日行われた関東高校サッカー大会東京都予選の優勝校である実践学園に挑む。

※許可を得て取材目的にて撮影しております。

試合結果

令和3年度(2021年度)東京都高等学校総合体育大会2次トーナメント
2回戦
修徳 0 - 3 早稲田実業

得点
37' 関紀信(6) 早稲田実業
54' 中田圭一郎(11) 早稲田実業
60' 中田圭一郎(11) 早稲田実業

修徳高校
No. 選手名 学年 前所属
1 奥谷将 3 瑞江第三中
5 木野将太郎 3 守谷中
8 福田大翔 3 フレンドリーSC
7 森田響 3 クリアージュFC
11 西山遼海 2 修徳中
9 大畑道喜 3 修徳中
13 金來仁 2 修徳中
4 小久保遼哉 2 クラッキス松戸
6 稲邑慧大 3 修徳中
12 時田優海 1
15 日比野洵 3 YSCC JY
早稲田実業高校
No. 選手名 学年 前所属
1 木庭正太郎 3 三菱養和SC巣鴨
3 榎本啓人 3 杉並アヤックスSC
4 宮寺政茂 3 三菱養和SC巣鴨
5 金指功汰 2 三菱養和SC巣鴨
7 山口裕大 3 三菱養和SC巣鴨
6 関紀信 2 三菱養和SC調布
8 中安亮平 2 FC東京U-15むさし
10 戸坂修人 3 FC東京U-15むさし
11 中田圭一郎 3 FCトッカーノ
19 久米遥太 1 東京武蔵野シティFC
18 前田篤之介 2 Forza’02

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14