U-15

決勝トーナメント進出4チームの顔ぶれ!準決勝は激戦必至|Growth Cup Kanagawa U-15 2020

2021年3月20日、Growth Cup Kanagawa U-15 2020 準決勝と3位決定戦が行われる。

決勝トーナメント進出を果たしたのは、瀬谷インターナショナルフットボール(GroupA)、大豆戸FC(GroupB)、シュートJrユースFC(GroupC)、クラブテアトロJY(GroupD)と、神奈川県屈指の強豪揃いだ。優勝を争う4チームを、注目選手とともに振り返る。

 

瀬谷インターナショナルフットボール(GroupA)

今大会唯一の神奈川県U-15サッカーリーグ3部所属チーム。初戦では今年度関東大会3位の実績を持つSCH.FCを敗り、2戦目では神奈川県1部リーグのJFC FUTUROをあと一歩で勝利というところまで追い詰め、予選リーグを見事1位通過。注目すべきはトップを張る木村飛祐(綾南オレンジ)と、ディフェンスの要・キャプテン石田逢良(二ツ橋SC)。

木村は初戦のSCH戦で決勝点を決めている。木村が強靭なフィジカルを武器に前線で溜めを作ることによって、瀬谷のサイド攻撃に深みを持たせている。石田はキャプテンとして、捨て身の覚悟と相手を圧倒する気迫をもってチーム全体を鼓舞する。今大会でも幾度となくチームの危機を救ってきた。長身を活かした競り合いも注目だ。

準決勝では、今大会に向けて磨き上げた組織的な守備で格上となる大豆戸FC相手に勝利が期待される。

木村飛祐(綾南オレンジ):左

石田逢良(二ツ橋SC):手前

 

大豆戸FC(GroupB)

神奈川県を代表する強豪チームの一つ。高円宮杯JFA第32回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会ではブロック優勝を果たし神奈川県代表の座を掴みとった。足元の技術に長け、前を向いてボールを保持した時の推進力は圧巻。

中でも注目は柘植野來翔(大豆戸FC)。高円宮杯で関東大会出場を決める決勝点をあげると、今大会予選リーグでも2得点(FCヴィアージャ戦)と絶好調。キレのあるドリブルで局面を打開し、一気に相手ゴールに迫る。予選リーグのエスペランサSC戦では、途中出場ながらも同点ゴールに絡みチームの1位通過をたぐり寄せた。

守備の要はキャプテンマークを巻く根岸優汰(横浜F・マリノス)。強靭なフィジカルで相手の攻撃の糸口を封じ、チームを勝利に導く。また、出場時間こそ少ないものの松田啓汰(KAZU SC)のプレーも見逃せない。止める蹴るの基本技術はもちろんのこと、繰り出されるスルーパスにはセンスを感じさせた。

準決勝の相手はジャイアントキリングで勢いに乗る瀬谷インターナショナル。4強入り唯一の関東大会出場チームとして、負けられない戦いとなるはずだ。

柘植野來翔(大豆戸FC)

根岸優汰(横浜F・マリノス)

松田啓汰(KAZU SC)

シュートJrユースFC(GroupC)

茅ヶ崎に拠点を置くシュートJrユースFCは、2020年度神奈川県U-15サッカーリーグ2部のGroupCで無敗優勝を果たした。予選リーグでは10得点で快勝するなど、卒業前とは思えない好調ぶりを見せた。チーム全体として個のプレースピードが速く、かつ、正確な連携プレーは鈴木ヘッドコーチの出身校、静岡学園を彷彿とさせる。

中でも松田悠世(FC東海岸)と小西碧波(カルぺソール湘南)は別格。どんな状況も一人で打破し決め切ることができるレフティー松田は予選リーグで1試合5得点を記録している。小西はボランチとして十分なボールキープ力を持ち、相手のディフェンスの隙を見逃すことなく一本のパスで決定機を作り出すことができる。この二人が噛み合った時の破壊力はどんなチームであっても驚異だろう。

準決勝では、同じく県U-15リーグ2部GroupBで圧倒的な力を見せたクラブテアトロと激突する。

松田悠世(FC東海岸)

小西碧波(カルぺソール湘南)

クラブテアトロJY(GroupD)

神奈川県U-15サッカーリーグ2部GroupBではシュートと同じく無敗優勝を達成。安定したプレー精度の高さを見せ、ポゼッションサッカーと思わせつつ緩急激しい攻撃で相手を翻弄する。

テアトロのサッカーを象徴するのはボランチの荻原大地(FC霧が丘)と菊地幹太(下丸子シューターズ)。この二人が中盤でセカンドボールの奪取と攻撃時の起点を担いゲームをコントロールする。さらにトップには予選のFCオルテンシア戦でハットトリックを達成した長谷川凌翼(KAZU SC)がいる。長谷川は前線であれば左右中央問わず顔を出し、どこからでも決める決定力を持つストライカーだ。

ディフェンスラインも堅く、サイドにも速いアタッカーを備える粒揃いのテアトロとシュートの一戦はどんな展開を見せるのか注目だ。

荻原大地(FC霧が丘)

菊地幹太(下丸子シューターズ)

長谷川凌翼(KAZU SC)