U-15

【写真レポート】栗原秀悟のPKストップで鹿島アントラーズつくばがガンバを制し準決勝進出|高円宮杯U-15全国大会準々決勝(写真:97枚)

2020年12月20日、高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会の準々決勝「ガンバ大阪JY(関西1/大阪府)鹿島アントラーズつくばJY(関東3/茨城県)」の一戦がJ-GREEN堺 メインフィールド(S1)で行われた。

試合は、ガンバ大阪FW今西佑(9)の先制点で始まると、前半だけで両チーム合わせて13本のシュートが飛び交う激しい展開となる。17分、右サイドの宮本健吾(14)からエリア手前でボールを受けた徳田誉(20)が右足を振り抜きガンバゴールを強襲する。ガンバGKの張奥林(1)が右手で弾くもこぼれ球に佐藤凛音(7)が詰める。これも張がセーブするが、最後はペナルティ付近に転がったボールを平山京吾(10)が押し込み鹿島が追いつく。

同点として後半に入るが、55分、左サイドの崩しからクリアボールを拾った笹記佑太(10)がペナルティエリア手前から強烈なミドルシュートで鹿島を突き放す。しかし、65分、交代出場した直後の樋口晴磨(11)がペナルティエリア内でドリブル突破から倒されPKを獲得する。これを鹿島キャプテン小倉幸成(5)がゴール右上に豪快に決め再び追いつく。そのまま同点でタイムアップ。迎えたPK戦、鹿島GK栗原秀悟(1)が1人ストップ、キッカー全員が決め鹿島に軍配が上がった。

▼第32回全日本U-15サッカー選手権大会
第32回全日本U-15サッカー選手権大会記事一覧

試合結果

高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会
準々決勝
ガンバ大阪 2 - 2(2PK4) 鹿島アントラーズつくば

得点
5' 今西佑(9) ガンバ大阪
17' 平山京吾(10) 鹿島
55' 笹記佑太(10) ガンバ大阪
63' 小倉幸成(5) 鹿島

【スタメン】ガンバ大阪ジュニアユース

選手名(前所属)
背番号
張奥林(ガンバ大阪)
1
東江桂汰(エスペランサFC)
2
笹野大樹(藤井寺市SSS)
4
山口遥太(ガンバ大阪)
5
菅澤凱(インターナショナルスクールIN千里)
12 Cap.
宮川大輝(油山カメリアFC)
6
遠藤楓仁(ガンバ大阪)
7
和泉圭保(なみはやFC)
8
笹記佑太(フォルテFC)
10
今西佑(ガンバ大阪)
9
日笠蓮康(J-FIELD津山)
13

【スタメン】鹿島アントラーズつくばジュニアユース

選手名(前所属)
背番号
栗原秀悟(鹿島アントラーズつくば)
1
大山幸路(鹿島アントラーズつくば)
3
神野匠斗(鹿島アントラーズつくば)
4
宮本健吾(KOBUSHI F.C)
14
新保柊祐(鹿島アントラーズつくば)
17
小倉幸成(鹿島アントラーズつくば)
5 Cap.
佐藤凛音(TEAMリフレSC)
7
太田隼剛(柏レイソル)
8
平山京吾(柏レイソル)
10
能登谷蒼(水戸ホーリーホックEIKO)
18
徳田誉(鹿島アントラーズつくば)
20

[写真]=hamayan_2016

error: