U-18

決勝進出はFC東京とサガン鳥栖!|第44回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会準決勝

2020年12月29日、第44回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の準決勝2試合が行われ、大宮アルディージャU18にPK戦の末勝利したFC東京U-18と、鹿島アントラーズユースを2-1で敗ったサガン鳥栖U-18が決勝進出を決めた。

FC東京は大宮アルディージャ相手に16本のシュートを放つなど優勢に試合を進めるものの得点を奪うことが出来ずPK戦にもつれ込むと、ゴールキーパー西山草汰(21)が2本のビッグセーブを披露。PK戦を4-3でFC東京が制し、決勝進出を決めた。

決勝進出のもう1チームはサガン鳥栖。先制こそ鹿島アントラーズの石津快(7)に許したものの、後半39分に途中出場のニ田理央(16)が同点ゴールをあげると、後半アディショナルタイムに田中禅(9)が決勝ゴールをあげ2-1で勝利。見事決勝への切符を手にした。

この両チーム、ジュニアユース世代で全国の大舞台で激突している。2017年度第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝、この時はサガン鳥栖が勝利しているがPK戦までもつれ込む大激戦だった。サガン鳥栖の田中禅(9)中野伸哉(6)、FC東京の青木友佑(18)、キャプテン常盤亨太(5)らはそれぞれ現在も各チームの主力を張っており、成長した彼らの大舞台での再戦が注目される。

◾️決勝(12/30)
FC東京 - サガン鳥栖

◾️準決勝
FC東京 0 - 0(4PK3) 大宮アルディージャ
サガン鳥栖 2 - 1 鹿島アントラーズ

◾️準々決勝
FC東京 1 - 0 サンフレッチェ広島
大宮アルディージャ 2 - 0 横浜F・マリノス
サガン鳥栖 1 - 1(4PK2) 横浜FC
東京ヴェルディ 0 - 1 鹿島アントラーズ

◾️2回戦
FC東京 0 - 0(4PK2) V・ファーレン長崎
カマタマーレ讃岐 0 - 2 サンフレッチェ広島
大宮アルディージャ 0 - 0(5PK3) 栃木SC
大分トリニータ 0 - 3 横浜F・マリノス
サガン鳥栖 2 - 0 ジェフ千葉
三菱養和SC 2 - 4 横浜FC
ブラウブリッツ秋田 1 - 1(4PK5) 東京ヴェルディ
コンサドーレ札幌 0 - 1 鹿島アントラーズ

◾️1回戦
FC東京
2 - 1 名古屋グランパス
V・ファーレン長崎 4 - 0 センアーノ神戸
アスルクラロ沼津 1 - 1(4PK5) カマタマーレ讃岐
カターレ富山 0 - 2 サンフレッチェ広島
京都サンガ 0 - 0(8PK9) 大宮アルディージャ
栃木SC 1 - 0 ベガルタ仙台
大分トリニータ 0 - 0(14PK13) 松本山雅FC
モンテディオ山形 1 - 1(1PK3) 横浜F・マリノス
サガン鳥栖 2  - 0 ヴァンフォーレ甲府
ジェフ千葉 1 - 1(17PK16) エストレラ姫路
三菱養和SC 3 - 0 アルビレックス新潟
ロアッソ熊本 0 - 1 横浜FC
浦和レッズ × - ○ ブラウブリッツ秋田
ガイナーレ鳥取 0 - 3 東京ヴェルディ
コンサドーレ札幌 5 - 0 FC大阪
鹿島アントラーズ 2 - 1 清水エスパルス

関東大会での様子[写真]=Yuya.Akiyama

error: