U-15

【写真レポート】LAVIDAの猛攻凌いだ鳥栖が小池朝陽のビッグセーブでPK戦制し準決勝進出!(写真:118枚)

【スタメン】FC LAVIDA

選手名(前所属)
背番号
荻谷凌輔(レジスタ)
12
西嶋大翔(戸塚FCジュニア)
11
石川穂高(ヴィオレータFC)
14 Cap.
田中瞭生(FCリガール)
19
坂和飛空(鴻巣FCプライマリー)
24
甲斐田裕大(NEOS FC)
7
前田大樹(FC白岡南)
8
土谷飛雅(古河ジュニア)
10
長準喜(浦和レッズ)
16
河下楽(さいたまシティーノース)
26
小田晄平(越谷PCキッカーズ)
13

【スタメン】サガン鳥栖

選手名(前所属)
背番号
小池朝陽(FCヴィレッズ鍋島)
1
二木颯太(小郡南SC)
3
林奏太朗(サガン鳥栖)
4
北島郁哉(サガン鳥栖)
6
大場章太郎(鳥栖少年SC)
17
先田颯成(サガン鳥栖)
5
徳村莉温(比屋根FC)
8
堺屋佳介(鯰田FC)
10 Cap.
赤崎陵治郎(鯰田FC)
7
小笠原温音(神野FC)
13
山﨑遥稀(サガン鳥栖)
19

2020年12月20日、高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会の準々決勝「FC LAVIDA(関東1/埼玉県サガン鳥栖U-15(九州2/佐賀県)」の一戦が前橋総合運動公園 群馬電工陸上競技・サッカー場で行われた。

近年安定して全国大会で上位進出を果たしているサガン鳥栖と、今シーズン関東ユース(U-15)サッカーリーグを制し関東第1代表として今大会に挑んだFC LAVIDAの一戦。

FC LAVIDAは、試合開始直後こそサガン鳥栖の積極的なプレッシングでボールを奪われるなどばたついたが、5分過ぎからはショートパスが繋がりだし徐々に流れを掴んでいく。セカンドボールへの反応も早くこぼれ球をしっかりとマイボールにすることでリズムを作る。前半5分には、ゴール前でルーズになったボールをU-15日本代表候補の小田晄平(13)が左足でシュートを放つもこれはバー直撃となったが、得点の匂いを感じさせた。

一方鳥栖は15分、赤崎陵治郎(7)が右サイドをドリブルで駆け上がるもシュートまでは持ち込めない。LAVIDAの激しいプレスにボールを自由に保持できず、その赤崎が右サイドで仕掛け起点となるも、なかなか決定機には繋がらない。

スコアレスで迎えた後半。前半苦しんだ鳥栖は徐々に前線へパスが供給でき始める。両チーム攻守の切り替えが早く激しい展開となったがお互いにゴールが遠い。LAVIDAは2回戦で決勝ゴールをあげた平叶大(20)を後半14分に投入すると、前線の小田とともに鳥栖ゴールに迫るが、決定機は作るもののゴールを奪えない。鳥栖は攻め込まれるシーンが多くなるものの、身体を張った守備でなんとかピンチを凌ぎLAVIDAにゴールを割らせない。そしてこのまま0-0でタイムアップを迎え、勝敗の行方はPK戦へ。

鳥栖は1本目を外したものの、2本目以降は全て成功。逆にLAVIDAは3本目を外すと4本目を鳥栖ゴールキーパー小池朝陽(1)にセーブされ万事休す。鳥栖がPK戦を4-3で制し、見事準決勝進出を果たした。

▼第32回全日本U-15サッカー選手権大会
第32回全日本U-15サッカー選手権大会記事一覧
第32回全日本U-15サッカー選手権大会準々決勝結果

試合結果

高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会
準々決勝
FC LAVIDA 0 - 0(3PK4) サガン鳥栖

[写真]=鈴木優一朗