U-18

東京都大会優勝の2校は関東第一と堀越!|第99回全国高校サッカー選手権東京都大会2次予選決勝(11/14)

2020年11月7日、第99回全国高校サッカー選手権東京都大会2次予選決勝戦が駒沢陸上競技場で行われた。

Aブロック決勝は、3年ぶりの選手権出場を狙う関東第一と、勝てば初の選手権出場となる日大豊山の一戦。
準決勝では駒澤大高との接戦をものにして勢いに乗っている日大豊山であったが、2次予選全試合で得点を記録している関東第一MF類家暁(14)、FW笠井圭祐(10)に前半33分までに3ゴールを許してしまう。
日大豊山も前半終了間際にはポストを叩くシュートを放つなど、随所でチャンスを作り出すが最後まで関東第一ゴールを割ることはできずゲームセット。
関東第一が危なげなく3年ぶり3度目の選手権出場を手にした。

Bブロック決勝は、ここまで31得点と圧倒的な攻撃力を持つ堀越と、守備力に定評がある大成という対照的な両者の一戦となった。
序盤から堀越が攻勢をかけ、大成が耐える展開が続く。
前半12分に堀越が先制点を挙げるが、その後は大成がゴールキーパー永田陸(12)を中心に堅い守備を見せ前半を折り返す。
後半は一転、大成ペースで試合は進み幾度となく堀越ゴールに迫る。
後半38分、コーナーキックからついに大成が同点に追いつく。
しかし、後半アディショナルタイム、堀越キャプテン日野翔太(10)が試合を決定づける追加点を挙げそのままゲームセット。
対照的な両者の気持ちの入った接戦は、紙一重の差で堀越が勝利を掴み29年ぶりの選手権出場を決めた。

なお、各試合の写真レポートは後日掲載予定。(掲載情報はこちらで発信中 → https://lin.ee/SerGD7D )

 

<Aブロック決勝戦>
関東第一 3 - 0 日大豊山

<Bブロック決勝戦>
堀越
2 - 1 大成

関東第一対日大豊山

堀越対大成

堀越対大成

[写真]=Ryosuke.Sata