U-18

【写真レポート】伊藤旋太が2度のPKストップ!武蔵野シティが川崎フロンターレとの激戦制し代表決定戦へ!(写真:114枚)

2020年11月1日、2020年度第44回⽇本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会ノックアウトステージの第9〜11代表決定戦1回戦、「川崎フロンターレU-18東京武蔵野シティU-18」の一戦がコーエー前橋フットボールセンターで行われた。

前半をスコアレスで折り返した試合の均衡が破れたのは後半8分。
鈴木大登(11)のシュートのこぼれ球を平田流衣(7)が押し込み川崎フロンターレが先制する。

東京武蔵野シティは後半36分、途中出場の飯田佑也(20)がミドルレンジからゴールキーパーの頭を超すループシュートでゴールネットを揺らし同点に。

しかし、直後の40分、高畠捷(2)のコーナーキックを神橋良汰(5)が頭で決め、再び川崎フロンターレがリードを奪う。

このままタイムアップかと思われた後半アディショナルタイム。
茨木緩汰(8)のロングスローからのこぼれ球をこちらも途中出場の梅野真生(13)が頭で決め、東京武蔵野シティが土壇場で同点に追いつく。

このまま後半終了のホイッスルが吹かれ、決着はPK戦に。
熱を帯びたPK戦は、東京武蔵野シティのゴールキーパー・伊藤旋太(1)が2本ストップ。
4-1で東京武蔵野シティが川崎フロンターレとのPK戦を制し、代表決定戦に駒を進めた。

試合結果

2020年度第44回⽇本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会
第9〜11代表決定戦 1回戦
川崎フロンターレU-18 2 – 2(1PK4) 東京武蔵野シティU-18

得点
後半8' 平田 流衣(7) 川崎
後半36' 飯田 佑也(20) 武蔵野シティ
後半40' 神橋 良汰(5) 川崎
後半45+1' 梅野 真生(13) 武蔵野シティ

【スタメン】川崎フロンターレ

選手名(前所属)
背番号
青山 海(川崎F)
1
高畠 捷(川崎F)
2
松永 竜之介(川崎F)
3
神橋 良汰(川崎F)
5
平田 流衣(川崎F)
7
田中 慶汰(川崎F)
8
田中 幹大(川崎F)
9
鈴木 大登(川崎F)
11
田鎖 勇作(川崎F)
13
五十嵐 太陽(川崎F)
18
大関 友翔(FC多摩)
31

【スタメン】武蔵野シティ

選手名(前所属)
背番号
伊藤 旋太(武蔵野C)
1
西田 寿稀(FC府中)
2
野村 航平(武蔵野C)
3
菊田 凌万(武蔵野C)
5
佐藤 朋哉(武蔵野C)
6
吉田 琢(すみだSC)
7
茨木 緩汰(武蔵野C)
8
石塚 雄八(武蔵野C)
10
山元 チャーリー(武蔵野C)
15
新開 敦也(武蔵野C)
16
大崎 陸生(武蔵野C)
22

[写真]=鈴木優一朗

error: