U-15

【写真レポート】FCトッカーノとの死闘を制し町田ゼルビアJYが関東への切符を掴む!(写真:70枚)

2020年10月11日、高円宮杯JFA第32回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会東京都予選のEブロック決勝、「FCトッカーノU-15FC町田ゼルビアジュニアユース」の一戦が南豊ヶ丘フィールドで行われた。

試合はトッカーノのキックオフで始まると、両チーム譲らない一進一退の攻防が続いた。
とくに、ゼルビアの内田優斗(45)エレメン聖矢(27)を軸とした右サイドからのチャンスメイクが印象的だったが、トッカーノのゴールマウスは硬く、前半はスコアレスで折り返した。

徐々にゼルビアペースとなっていた前半の余韻を残し後半が始まると、直後の後半3分、ゼルビアがPKを獲得する。
右サイドからのスローインの浮き玉を土田純平(42)が競り合いの中で倒され、これがわずかにペナルティエリア内だった。
これを土田が自身で冷静に沈めゼルビアが先制した。

これでさらにゼルビアが勢いづくかに見えたが、トッカーノは冷静に自分たちのサッカーを続けた。
後半12分、左サイド中盤からのサイドチェンジでパスを受けた冨沢海斗(15)が右足でゴールエリア付近にアーリークロスを送る。
サイドチェンジからのアーリークロスという、ディフェンスラインにとって非常に難しい状況がオウンゴールを誘い、トッカーノが同点に追いつく。

試合は振り出しに戻るが、再開から数分後の後半17分、ゼルビアが再三にわたってゴール前まで迫った右サイドから再び好機が生まれる。
ゴールエリア付近に上がったクロスをディフェンダーがヘディングでクリアするが、ペナルティーアーク手前で待ち受けていた奥山心太郎(30)が高く上がったクリアボールを着地させず右足インステップを合わせる。
ドライブのかかったシュートはゴールキーパーの届かないゴール左サイドへ吸い込まれた。

再びリードされたトッカーノは果敢に反撃するも、ゼルビアの守備は硬くゴールを割ることはできずゲームセット。
ブロック準決勝から登場のシードである強豪チーム同士の決戦はゼルビアに軍配が上がった。

YouTubeで配信した動画はこちらをクリック!

試合結果

高円宮杯JFA第32回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会東京都予選
Eブロック決勝戦
トッカーノ 1 – 2 町田ゼルビア

得点
後半4分 (42) ゼルビア
後半12分 オウンゴール トッカーノ
後半17分 (30) ゼルビア

[写真]=Yuya Akiyama

【スタメン】FCトッカーノ

選手名
背番号
斎藤 直晴
12
澤田 旭
3
関戸 大輝
4
高須 侶歩
5
西村 昊
6
横山 夢樹
9
藤代 哲成
10
今井 大地
11
横山 凌
13
冨沢 海斗
15
小林 蒼叶
21

【スタメン】FC町田ゼルビア

選手名
背番号
梅田 康太
41
諸戸 大地
26
エレメン 聖矢
27
谷山 大雅
29
奥山 心太郎
30
手塚 翔太
32
塚田 晃平
35
北林 嶺
37
土田 純平
42
渡邊 和
44
内田 優斗
45