other

関東第一が國學院久我山破り大会4連覇!|平成30年度東京都高等学校総合体育大会

2018年6月24日、平成30年度東京都高等学校総合体育大会2次トーナメントの決勝「関東第一高校國學院久我山高校」の一戦が駒沢第2競技場で行われた。

 

前日の準決勝で勝利し、すでにインターハイ出場が決まっている両チームの一戦は、前半からスコアが動いた。

前半26分、関東第一は池田健太(13)のシュートが弾かれたボールを前田泰千翔(6)が押し込んで先制すると、その1分後には金子直樹(7)のパスに抜け出した池田が右足で決めて追加点。

関東第一が前半を2点リードで折り返す。

後半も勢いが止まらない関東第一は、後半4分、左サイドの前田からのパスを中央で受けた金子が決めてリードを広げる。

 

しかし試合終盤、久我山が猛追する。

後半38分、加納直樹(9)のゴールで1点を返すと、さらに後半アディショナルタイムにはコーナーキックから保野友裕(2)が右足で決めて1点差。

スタンドが大いに沸く中、その後も久我山は2度の決定機を迎えるがゴールネットを揺らすことが出来ずあと1歩のところで、試合はタイムアップ。

 

関東第一が終盤の猛攻を何とか守り切り、大会4連覇を達成した。

 

 

[ad#co-8]

 

 

 

 

 

 

 

[写真]=Ryosuke.Sata