U-15

【写真レポート】サガン鳥栖がU-15の頂点に!先田颯成が延長後半に決勝点(写真:152枚)

2020年12月28日、高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会の決勝「サガン鳥栖(九州2/佐賀県)鹿島アントラーズつくばジュニアユース(関東3/茨城県)」の一戦が味の素フィールド西が丘で行われた。

U-15日本一を決める一戦は、鳥栖の先制で幕を開けた。7分、右サイド中盤でフリーキックを獲得するとレフティー林奏太朗(4)がゴールに向かうボールを入れる。対空時間の長いボールに攻守入り乱れながら競り合うなかで北島郁哉(6)が競り勝ち先制点を決めた。その後は鹿島にもチャンスが訪れるも決めきることができず時間が経過していく。鹿島はハーフタイムに前線3枚を交代、後半開始から猛攻をかける。迎えた66分、キャプテン小倉幸成(5)が右サイドの深い位置からロングスローをゴール前に送る。競り合いのこぼれ球をファーサイドで拾った平山京吾(10)が限られたシュートコースを左足の強烈なシュートでこじ開け同点とした。

その後も日本一がかかった両者の攻防はスピード感高く繰り広げられる。勝ち越しゴールまでもう一歩というところまでいくもゴールは割れず10分ハーフの延長戦に入る。決勝点は延長戦後半の96分だった。小笠原温音(13)が中盤で1人かわし鹿島陣地に持ち込むと、奪われそうになりながらも先田颯成(5)にボールを渡す。準決勝でもドリブルからPKを獲得した先田は得意のドリブルでディフェンダーをかわしエリア内に持ち込むと、そのまま左足を振り抜きゴールニアサイドに突き刺した。延長戦までもつれ込んだ死闘を制しサガン鳥栖U-15が高円宮杯JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会の頂点に輝いた。

▼第32回全日本U-15サッカー選手権大会
第32回全日本U-15サッカー選手権大会記事一覧

試合結果

高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会
決勝
サガン鳥栖 2 Ex 1 鹿島アントラーズつくば

得点
7' 北島郁哉(6) 鳥栖
66' 平山京吾(10) 鹿島
96' 先田颯成(5) 鳥栖

【スタメン】サガン鳥栖U-15

選手名(前所属)
背番号
小池朝陽(FCヴィレッズ鍋島)
1
二木颯太(小郡南SC)
3
林奏太朗(サガン鳥栖)
4
北島郁哉(サガン鳥栖)
6
大場章太郎(鳥栖SSC)
17
先田颯成(サガン鳥栖)
5
徳村莉温(比屋根FC)
8
堺屋佳介(鯰田FC)
10 Cap.
赤崎陵治郎(鯰田FC)
7
増崎康清(サガン鳥栖)
11
山﨑遥稀(サガン鳥栖)
19

【スタメン】鹿島アントラーズつくばジュニアユース

選手名(前所属)
背番号
栗原秀悟(鹿島アントラーズつくば)
1
大山幸路(鹿島アントラーズつくば)
3
神野匠斗(鹿島アントラーズつくば)
4
宮本健吾(KOBUSHI F.C)
14
新保柊祐(鹿島アントラーズつくば)
17
小倉幸成(鹿島アントラーズつくば)
5 Cap.
太田隼剛(柏レイソル)
8
平山京吾(柏レイソル)
10
安塚悠大(トリプレッタSC)
15
末原治優人(柏レイソルA.A.TOR'82)
13
大内空(鹿島アントラーズつくば)
19

[写真]=isshy4346

error: