U-15

U-15日本一はサガン鳥栖!|高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会(12/28)決勝

2020年12月28日、高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会の決勝戦「サガン鳥栖U-15鹿島アントラーズつくばジュニアユース」が味の素フィールド西が丘グラウンドで行われた。

先制は7分、サガン鳥栖DF北島郁哉(DF)がフリーキックから頭でゲット。先制された鹿島だったが、徐々に主導権を握り、末原治優人(13)のシュートがクロスバーを叩くなどチャンスをつくるが1点が遠い。ハーフタイムに鹿島は攻撃のパターンを変えるべくオフェンス3枚の交代カードを切る。

66分、右からのコーナーキックのこぼれ球を平山京吾(10)がピックアップすると、ディフェンダーをかわし左足でコースの少ないニアへ豪快に決め鹿島が追いつく。その後もしばらく鹿島の時間帯が続くも、鳥栖も凌ぎ切り勝負は前後半各10分の延長戦へ。両者、80分の激闘で消耗しているなか気力で延長を戦い続ける。迎えた延長後半6分、先田颯成(5)が相手陣地でボールを奪うとドリブルで持ち込みそのまま左足を振り抜き待望の勝ち越し弾を決める。先田の今大会3得点目が決勝点となりサガン鳥栖がU-15日本一に輝いた。

なお、各取材試合の写真レポートは後日掲載予定。(掲載情報はこちらで発信中 → https://lin.ee/SerGD7D )

◼︎決勝(12/28)
サガン鳥栖U-15
2 - 1 鹿島アントラーズつくば

◼︎準決勝(12/26)
FC多摩 3 - 3(2PK4) サガン鳥栖U-15
浦和レッズ 2 - 2(2PK4) 鹿島アントラーズつくば

◼︎準々決勝(12/20)
ヴィッセル神戸 1 - 2 FC多摩
FC LAVIDA 0 - 0(3PK4) サガン鳥栖
セレッソ大阪 2 - 6 浦和レッズ
ガンバ大阪  2 - 2(2PK4)  鹿島アントラーズつくば

◼︎2回戦(12/13)
ヴィッセル神戸 2 - 0 日章学園中
青森山田中 0 - 5 サガン鳥栖
V・ファーレン長崎 2 - 5 セレッソ大阪
JFAアカデミー福島 0 - 2 鹿島アントラーズつくば
FC多摩 5 - 2 清水エスパルス
FC LAVIDA 1 - 0 ファジアーノ岡山
徳島ヴォルティス 1 - 2 浦和レッズ
ガンバ大阪 4 - 2 横浜F・マリノス

◼︎1回戦(12/12)
カターレ富山 0 - 2 ヴィッセル神戸
日章学園中 2 - 1 TOKYU S Reyes
コンサドーレ札幌 3- 3(4PK5) FC多摩
サンフレッチェ広島 1 - 2 清水エスパルス
FC LAVIDA 2 - 1 宇治FC
ファジアーノ岡山 2 - 2(4PK2) コンサドーレ室蘭
青森山田中 2 - 0 グランセナ新潟
サガン鳥栖 ◯ - × 大宮アルディージャ
愛媛FC 0 - 2 V・ファーレン長崎
湘南ベルマーレ 2 - 4 セレッソ大阪
FC KAJITSU 0 - 2 徳島ヴォルティス
浦和レッズ 4 - 0 ジュビロ磐田
ガンバ大阪 2 - 2(4PK2) 名古屋グランパス
横浜F・マリノス 5 - 1 アルビレックス新潟
JFAアカデミー福島 5 - 0 ガンバ大阪門真
MIRUMAE・FC 0 - 3 鹿島アントラーズつくば

◼︎大会スケジュール
1回戦:12月12日
2回戦:12月13日
準々決勝:12月20日
準決勝:12月26日
決勝:12月28日

◼︎会場
1回戦~準々決勝
コーエィ前橋フットボールセンター(群馬県)
前橋総合運動公園群馬電工陸上競技・サッカー場(群馬県)
J-GREEN堺(大阪府)

準決勝~決勝
味の素フィールド西が丘(東京都)

先制点のヘディングを放つ北島郁哉(6)

決勝点を決めた先田颯成(6)

同点ゴールの平山京吾(10)

[写真]=isshy4346

error: