other

(タイトルなし)

”パルティード ア パルティード”

選手宣誓にたった青森山田高校・住永翔主将は、この言葉を強調した。

「目の前の1試合1試合」という意味で、スペイン・アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督がよく口するフレーズで、試合が出来る事への感謝を堂々と宣戦した。

 

以下、選手宣誓全文

 

宣誓。

「パルティード ア パルティード」。

私たちは常にこの気持ちで、試合に臨んできました。一試合、一試合、目の前の一戦に勝利した者のみに次の試合があるのです。

この厳しさを勝ち抜き全国4,134校の頂点に立つべく集結した48校が、ここにいます。

今年、95回目を迎える全国高校サッカー選手権大会。

この伝統ある大会に出場した多くの先輩が世界を舞台に活躍する姿に憧れ、次は自分の番だと夢見てきました。

そして今、この場に立てる幸せに感謝しています。

事故や災害のために、サッカーを続けられない選手の無念を思えばなおさらです。東日本大震災の年、私たちは小学生でした。

このままサッカーを続けていいのか迷った友人もいましたが、周囲に助けられ、背中を押され今があります。

私たちがここまでたどり着けたのは、仲間との絆があったから、監督やコーチの励ましと、窮地を救ってくれた先輩がいたから。

そして何より家族の支えがあったからです。その全てに感謝し、ピッチに立ちます。

今年は特に11月のブラジル、シャペコエンセのジェット機墜落事故で犠牲になったみなさんに想いを馳せます。

日本でも活躍した選手が何人も犠牲になりました。

私たちは彼らのプレーから、時を忘れるほどの感動や勇気をもらいました。心からご冥福をお祈りいたします。

「パルティード ア パルティード」。

私たちは今まで応援してくれた全ての人のために、全てのサッカー選手の思いを胸に、正々堂々戦うことをここに誓います。

平成28年12月30日 青森県代表青森山田高等学校サッカー部主将・住永翔